Twitterを本気でビジネスに活用しようとしている中小企業の経営者や店長へ

昨今、猛烈な勢いで拡大している情報メディアがあります。ツイッター

それが、Twitter(ツイッター)です。最近ニュースなどでもよく耳にする言葉ですね?

Twitterは、最大140文字という短い単位での投稿が可能なインターネットのコミュニケーションサービスです。最大の特徴は投稿がリアルタイムで反映されること。また、短文での投稿ということで、いま思いついたこと、いま感じたことなどを気軽に発信して楽しめるコミュニケーションツールです。

その手軽さにより、サービス開始から4年間で全世界1億人ものユーザーを集めています。テレビが5,000万人のユーザーを獲得するのに13年かかっていることと比べると、その拡大の勢いは凄まじいものがあります。

日本国内でのユーザー数もここ1年で急増し、わずか1年で約19倍に増加しています。2010年4月時点では月間利用者数が約1,000万人に到達し、国内最大級のSNS「mixi」のユーザー数を超えるまでになりました。

Twitterの特徴

リアルタイム性

Twitterの仕組みは、自分の投稿をその読者(フォロワーという)にリアルタイムに伝えることができるというものです。自分の友達やお気に入りの芸能人などをフォローすることで(フォロワーになる)、ブログのようにわざわざそのサイトにアクセスしなくても自分のアカウントの中でリアルタイムに投稿を読むことができます。

無料で使える

Twitterは、初期費用も月額費用もかかりません。誰でも登録できてすぐにつぶやくことができます。

集客効果が高い

「Twitterの最大の特徴は投稿がリアルタイムで反映されること。」と言いました。つまり、フォロワー(読者)がたくさんいると、自分の投稿を一斉に、しかもリアルタイムに大勢の人に伝えることができるということです。その投稿が告知であればそれを見た人が一斉にあなたのサイトにアクセスしてくる可能性があるということです。

口コミ効果が高い

Twitterにはフォロワー以外にも投稿が伝わる仕組みがあります。それは、リツイートという機能です。他の人の投稿を「こんなツイートがあったよ」「こんなおもしろいツイートがあったよ」と投稿します。これをリツイートといいます。このとき、リツイートした人にフォロワーがたくさんいたらどうなるでしょうか? そうです。あなたの投稿が(自分のフォロワー以外の大勢の人たちにも)一斉に読まれることになるのです。投稿を読んだ人たちが新たなフォロワーになってくれることもあります。 Twitterの投稿ひとつで爆発的にアクセスが集まることがあります。それは、このようなリツイートによってもたらされます。リツイートは要するに「口コミ」機能です。インターネットを使ってシステム的に一斉に口コミすることが可能になるのです。これは、リアルタイム性が特徴のツイッターならではの効果です。

Twitterの活用事例

Dellコンピュータは、Twitterを活用してディスカウント情報を告知し3億円を売上げた。

Twitter活用の先駆者であるDellコンピュータは、80を超えるTwitterアカウントを活用している。特に有名なDellOutletはフォロワーが100万人を超える最大級の商用アカウントで、月間73件(2009年8月)と活発に宣伝活動をしている。

来店の10%以上がツイッター経由。六本木のしゃぶしゃぶ屋「豚組」。

Twitterの活用で有名な「豚組」は六本木と西麻布にある豚肉料理のお店。オーナーが積極的にツイッターに参加し、知名度と顧客を獲得してきた。7,000フォロワー(2010年12月現在)。平均10%、多いときで50%がTwitter経由の来客。リピート率50%以上。Twitterでイベント告知後6時間で120人の予約。

売上ベースでは50%。仙台市にある日本茶カフェ「道草屋」。

仙台では珍しい日本茶カフェ。店主の佐藤さんがTwitterを使い始めたのは2009年6月。国内で急速に広がり始める少し手前のタイミングだった。michikusayaというユーザ名でつぶやき始めたが、露骨な宣伝活動は行わない。宣伝文句は使わず、“ゆるく”、しかしマメにつぶやく。ゆるくつぶやく佐藤さんに興味を持ち「道草屋」に来店する人が現れた。twitter経由で初めて客が来店したことに、佐藤さんは感激した。以来、 twitterで「道草屋」を知った人々が徐々に来店しはじめ、今までは来客数の2割ほどがTwitter経由の人々で占められ、売上ベースでは半分に迫る勢いだという。 このように、Twitterが集客に効果的なメディアであることは理解できたかと思います。日本でも中小企業、個人事業主の方が効果的に利用している例が増えてきています。

企業として、何をすべきか

徹底的にフォロワー(読者)を集めておく

定期的につぶやき続ける


Twitterのリアルタイム性、集客効果、口コミといった特性をマーケティングに生かそうという発想が、ビジネスにおけるTwitterの活用です。メルマガと同様に読者数を増やして定期的に情報を発信していくことが集客や売り上げに結び付くのです。

Twitterの運用の二つの悩み

Twitter 自体はとても簡単に始められます。しかも無料です。Twitterのサイトに行って新規アカウントの開設ページに必要事項を記入して送信するだけです。そして投稿すればいいのです。しかし、使ってみるとすぐに気づくのですが、大きな問題に突き当たります。

フォロワー(読者)が、全く増えない

放っておいてもフォロワーは勝手に増えません。WEBで告知する方法もありますが、大手サイトのようにそもそもアクセス数の多いサイトやブランドが確立している企業でもなければTwitterをやっているという告知自体が難しいでしょう。そこで、もっと簡単な方法があります。関連するユーザをフォローすると、何割かの人はフォローを返してくれるのです。つまり、日々他のユーザをフォローし続ければそのお返しでフォロワーが増えていきます。通常20%程度のユーザがフォローを返してくれると言われます。つまり1000人のフォロワーを集めたいなら、5000人程度のフォローをしてあげればよいことになります。毎日20人ずつフォローしていけば250日で達成します。ただし、毎日関連するユーザを見つけてフォローする作業は大変なものです。

つぶやくのは、思ったより大変

毎日、つぶやき続けるしかありません。秘訣は、時間を決めて頑張ってつぶやいていくことです。とはいっても、それは特に忙しい人にとってはほぼ不可能なことであるとすぐに気づくことでしょう。

そこで、二つの悩みを解決するツールを作りました。 Twitter運用支援ツール「フレンドリスト」

「フレンドリスト」の機能は3つ。シンプルですが強力な機能です。しかし、難しい操作は一切ありません。

あなたの会社やお店のサービスに親和性の高い見込客(フォロワー)を自動で増加させることができる。

最大10個のキーワードを設定し、該当ユーザを20人まで検索・表示、そして一括フォローが可能です。自動フォロー機能をONにすれば、それらを自動でフォローしていきます。1ヵ月で600人程度をフォローすることができます(毎日20ユーザずつ自動フォロー)。

「フレンドリスト」を活用すると、1ヵ月で500人程の見込客(フォロワー)を獲得することができます。 これは、実際に弊社が「フレンドリスト」を活用して得た実数値です。( http://twitter.com/infojamjam/ )
通常20%のフォロー返しと言われますが、弊社の場合は80%がフォロー返しをしてくれたため、1ヵ月で500人程度のフォロワーが集まりました。 業種にもよると思いますが、弊社のようにフォロー返しをしてくれる割合がとても高い場合もあります。 このまま続ければ1年で約6,000人近くのフォロワーを増やすことが可能です。

フレンドリスト設定1


自動でコンテンツ(つぶやき)を配信し購入や来店につなげることができる。

日にちや時間していでつぶやきを予約投稿できます。メールマガジン配信システムのTwitter版のような機能です。また、CSVファイルで数百のつぶやきを一括投稿することも可能です。 3,000人のフォロワーに対し、興味を引くサービスの告知を行った場合、仮に、 1%が購入・来店したら30人、 5%が購入・来店したら150人 10%が購入・来店したら300人 と、かなりインパクトのあるプロモーションを行うことができます。フォロワーを集めることがいかに重要か分かります。

フレンドリスト つぶやき


解析機能

最近1ヵ月から1年の間で「記事投稿数」「フォロー数」「フォロワー数」「お気に入り数」をグラフで表示できます。また、全てのデータはCSVでダウンロードできますので、詳細分析をエクセルで実施することが可能です。

データダウンロード

で、「フレンドリスト」のシステム利用料は
いくらなのか?

通常、このようなシステムには、初期費用が数千円~数万円かかります。「せっかく初期費用を払ったし、ほかのシステムには変更しづらいなぁ・・・」と思わせるためでしょうか。

しかし、「フレンドリスト」の初期費用は無料です。

なぜなら、機能と操作性に自信があるので、一度使ってもらえればあなたを“とりこ”にできることがわかっているからです。

そして、このようなビジネス向けの機能を提供するシステムなら、最低でも3万円以上の月額費用がかかるのが一般的です。それは、一般大衆向けのシステムではないため薄利多売ということができないからです。また、ビジネスユーザ向けということで、ある程度の信頼性を確保する必要があるため、システム利用料はある程度高めに設定されています。

はじめ、「フレンドリスト」の料金を1アカウントあたり月額39,800円と決めていました。しかし、ビジネスユーザとはいえ個人商店やベンチャー企業など立ち上げたばかりの企業の利用も多いと想定されるため、3万円を切って29,800円にすることを決めました。

しかし、今回は初回募集ということで大胆なキャンペーンを実施させていただくことといたしました。

 

 

これは本当に初回限りのキャンペーンとなります。30名に達した時点で募集を締め切らせていただきます。 今後もこの価格でのキャンペーンを行うつもりはありません。


更に、2週間無料お試しを付けます

もうあなたにリスクはありません。
あなたは今日、9,800円を支払う必要はありません。
まずは、無料で2週間試してもらいたいのです。

「フレンドリスト」はとても簡単です。2週間あれば必ず効果を実感していただくことができます。

2週間以降も使いたいと思わなければ、一本連絡をください。

そうすれば、あなたはいつでもシステムの継続利用をキャンセルできます。理由も何も聞きませんし、料金を請求することもありません。ただ一本メールを送るだけです。

逆に、2週間目以降も使い続けたいと思うのなら、あなたは連絡をくれる必要はありません。自動的に正規ユーザとなり、そのまま使ってもらうことができます。請求書も後程お送りします。

しかし、こんな人は申し込まないでください

スパム行為をする方

Twitterのスパムの例として、

  • フィッシング詐欺のサイトやマルウェアに感染するサイトに導く有害なリンクを掲載する
  • ツイートを何度も複製、投稿する
  • 注意を引くためにアカウントのフォローとフォローの解除を繰り返す


といったスパムがあるようです。 フレンドリストは、そういったことをする人たちを支援しません。誠実にビジネスに活用しようとしている方のみお申込みください。万が一スパム行為を発見した場合はフレンドリストのアカウントを即時に強制解除させていただきます。

効果の保証が欲しい方

フレンドリストは、フォロワーがどれだけ集まるとか、集客がどれくらい増える、売り上げがどれくらい増えるといったことを「保証」するサービスではありません。あくまでTwitterを活用するための補助的な機能を提供するサービスになりますのでそのような保証を付けることはできません。業種やサービス内容、つぶやく内容によって、反応は異なりますのでそのような保証を付けることは原理的に不可能です。また、効果がないことを理由に最低契約期間中に解約する理由にはなりませんのでご了承ください。ただし、Twitterコミュニティの性格上、フォローすれば一定の割合でフォロー返しがあり、継続的に利用すればフォロワーが増えるという点に現状で間違いはありません。2週間のお試し期間中に、フォローしているにも関わらずフォロワーが1件も増えないということであれば、あなたの業界やサービス内容、つぶやきの内容がTwitterにそぐわないということだと思いますので解約のご連絡をいただいた方がよいと思います。

 

逆に、こんなあなたに使ってもらいたいのです

本気でTwitterをビジネスに活用したいと切望している

あなたの貴重な時間を「フレンドリスト」の自動化システムに任せ、あなたはビジネスに集中してください。フレンドリストはその為だけに存在価値があります。

もう、あなたにリスクはありません・・・

今すぐ以下のボタンをクリックして、
Twitterで集客する「フレンドリスト」を
無料お試ししてください!

フレンドリスト申込みボタン

 

[ご注意]
※ 2週間無料お試し期間中に解約のご連絡をいただかない場合は、月額9,980円の課金をさせていただきます。
※ 最低契約期間6ヵ月間は解約ができません。
※ 最低契約期間6ヵ月間の間に解約を希望される場合、残り期間分を違約金として一括でお支払いただきます。
※ 契約後7ヵ月目以降は1ヵ月単位での更新となります。20日までの申し出により翌月末日付での解約ができます。

PS この手紙では、Twitterがビジネスで効果を発揮することや、フォロワーの増やし方のテクニックを公開しました。もしかするとこの手紙を読んだだけで、あなたのビジネスの収入が激増するかもしれません。

読み飛ばしたところがあるのなら、ぜひ読み返してみてください。

 

PPS 繰り返しになりますが、「フレンドリスト」の初回限定30人ディスカウントキャンペーンは30人の申込をいただいた段階で締め切ります。

あなたが、もし2週間無料お試しを迷っているなら、他の人に30人の枠を譲る方法は簡単です。このままこのページを閉じるだけです。

フレンドリスト申込みボタン